8月
07

『変わり果てた姿』

8月 7th, 2014


小嶋です。



 ヒメジョオン
20140802山ヒメジョオン


金曜日の夜…自宅に戻ると室内はナント33度?エアコンをつけて、山へ向かう準備
をするも…涼しくなる間もなく…結局、汗だくで車に乗りこむことに…。

上信越道に入り…標高が上がるにつれ…気温は徐々に下がり…1000mを超えると
気温は20度まで下がったので…窓を開けると…冷たい風が…。生き返ります!

山小屋に着くと、寒いくらいでしたが…短パンとTシャツに着替え…涼しさを身体じゅう
で受け止め…ひたすらクールダウンをしてからベッドイン…。

 可愛い青い花
20140802山小さな青い花


翌日は…早朝から山仕事…。山に咲き乱れる花々を楽しみながら…立ち枯れした木や
倒木などを次々に処理します…。そして、カモシカのことを思い出しながら…

作業をすすめ、ちょうど先週、蹄(ひずめ)を発見した山の入口付近の整備を始めると…
国道から少し山に入ったところで…強烈な臭気が…?そして…

 変わり果てた姿
20140802山背骨


変わり果てた山の主の折り曲がった背骨が細い木に絡まっていました。その周りには
毛のついた皮が散らばり、悲惨な光景が広がっています。ふと…国道側に目をやると…

ヘッドライトの破片が散らばっているではないですか!…ということは、山の主は、
車に撥ねられ…瀕死の状態で山に登ろうとし、力尽きてしまったということ…?

 車の破片
20140802山事故破片


先週蹄を埋めたところに墓地を作ると決め、すぐにとりかかりました。ひたすら丁寧に
毛1本も逃さぬように集め、埋葬しましたが、頭部だけが見つかりません。

 埋葬
20140802山埋葬UP


それでも先週の蹄に引き続き、大半の骨を見つけてあげることができ、少しだけ
納得するも…「小嶋に見つけて欲しかったのかも?」と…妙な気分に…?!

つづく…

Comments are closed.